下取車手続代行費用.com

下取車手続代行費用とは?

下取車手続代行費用とは、下取りに出す車の名義変更にかかる費用を意味する事が一般的です。
簡単に言えば、下取りされた車を販売店の名義にするための手数料です。

 

相場は5,000円〜15,000円程度ですが、定価と言うものはありませんので、各販売店で価格を自由に設定できます。

 

 

ただし、車の名義が本人の場合は、普通はこの費用は必要ありません。

 

ローンなどで車を購入した場合、所有権と呼ばれるものが付くことがあります。
この場合、車検証の所有者の項目にディーラーなど販売店の名前か、ローン会社になっていると思います。
また、ローンが完済している場合でも、所有権は自動的に外れたりしませんので、車の売買時に手続きをするのが一般的です。
※ローンで購入すれば必ず所有権が付くと言うものでもありませんので、車検証でご確認ください。

他には、少し稀なケースですが、現金など一括払いで車を購入した場合でも、所有者がディーラーになっている事があります。
自動車の登録には、実印と印鑑証明が必要なのですが、若い方で初めて車を購入される場合に、まだ実印登録をしていない場合があります。
このような時は、実印登録をしてから自動車を購入すれば良いのですが、急いで車が欲しいなどの理由で時間的な余裕がない場合には、ディーラー名義で登録する事もあります。

 

ですから、下取車手続代行費用が見積もりに計上されている場合は、まずは車検証を見て、車の所有者が誰なのかを確認して下さい。
もしも、所有者がディーラーやクレジット会社などで、使用者が本人になっている場合は、所有権解除などの手続きが必要になりますので、妥当な見積もりです。
しかし所有者が本人の場合に、この費用が計上されている場合は、遠慮なく担当の営業マンにカットするよう申し出てください。

 

また、所有権が付いている場合でも、営業マンとの交渉しだいでは、見積もりからカットやサービスをしてくれる場合もあるようです。
ただし、実際に所有権解除の手続きの手間は必要ですし、こう言った手数料も販売店の利益になりますので、「これは会社の方針で外す事ができません。」と言われることも多いです。

 

※下取車手続代行費用を確実にカットする方法も下に書いています。

下取車査定料とは?

下取車査定料とは、車を下取り査定する為に必要になった費用です。
簡単に言えば、下取り査定をした中古自動車査定士の人経費の部分が大きい費用です。
相場は5,000円〜10,000円程度ですが、定価と言うものはありませんので、各販売店で価格を自由に設定できます。

 

この下取車査定料も下取車手続代行費用と同様に、営業マンに交渉すれば値引きやカットになる可能性がある費用です。
しかし、これまた同じように「これは会社の方針でカットする事はできません。」と言われることも多いですので、「他の販売店ではサービスしてくれたけど無理ですか?」とさり気なく聞く感じが良いかもしれませんね。

 

値引き交渉が苦手だったり、あまり値引きを要求すると後のサービスが悪くなるんじゃないかと心配される人も居ますが、相手は営業マンですから、そんな交渉をされるのは日常茶飯事です。
ですから、そんな細かいことは気にせずに、言いたいことは言って購入を決めたほうがいいと思います。
その営業マンから購入することが決まった後か、車が納車されたときに、「○○さん(営業マンの名前)のおかげで良い車が買えました。ありがとうございました。」と言っておけば、その営業マンはとても喜ぶと思います。

その他の値引きやカットが期待できそうな諸費用は?

自動車の諸費用は、なぜそんなに必要なの?と思ってしまうくらい高いですよね。

 

主な諸費用は下記になります。

 

法定費用(税金・保険など)

  • 自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 消費税
  • 自動車リサイクル料金

 

手数料(代行費・印紙代など)

  • 検査登録手続代行費用
  • 車庫証明費用
  • 納車費用
  • 納車整備費用(納車準備費用)
  • 預り法定費用
  • 希望ナンバー代行手数料
  • ナンバー変更手続き代行費用

 

まず法定費用は、法律で定められたものですから、値引きなどは出来ません。
ですから、期待できるのは手数料に含まれる部分です。

 

検査登録手続代行費用:
15,000円〜30,000円程度

この費用は、陸運局で行う車の登録費用です。
代行手数料が大部分を占めますが、通常この部分の値引きやカットは期待できません。
また他県で車を購入した場合は、別に「県外登録費用」が計上されるか、この費用にプラスして計上されます。

車庫証明費用:
5,000円〜20,000円程度

この費用は、印紙代が約2,600円(地域により異なる)で、残りが代行手数料となります。
車庫証明は比較的簡単に手続きが出来ますので、少しでも諸費用を抑えたい人は、自分ですると言えばカットやサービスが期待できる費用です。

納車費用:
5,000円〜15,000円程度

この費用は、購入した車を自宅まで持ってきてもらう為の費用です。
ですから、販売店に自分で取りに行けばカットしてもらえます。

納車整備費用(納車準備費用):
5,000円〜30,000円程度

新車の場合は、通常は必要の無い費用です。
中古車の場合で、点検や整備を行わずに販売されていた車両の場合は、この費用が計上されることがあります。
ただし、点検整備付きで販売されていた車両に、この費用が計上されるのは、不明瞭な点もありますので、販売店に確認してください。
もしも内容に納得がいかない場合は、値引きやカットを希望しましょう。

預り法定費用

この費用は、各種手続きに必要な印紙代になります。
それぞれの代行費用に印紙代が含まれていない場合に、この項目で計上されるます。

希望ナンバー代行手数料:
10,000円程度

ナンバープレートを希望の数字にする場合に発生する費用です。
希望ナンバー自体の価格は約4,000円程度(地域により異なる)で、代行手数料は5,000円程度が相場のようです。
新車の購入の場合は、値引き交渉の延長で代行手数料のサービスをしてくれる場合もあります。

ナンバー変更手続き代行費用:
15,000円〜20,000円程度

中古車を購入した場合に、ナンバーの変更を希望するか、変更の必要がある場合に発生する費用です。
ナンバープレート自体の価格はトータルでも2,000円程度ですので、自分で変更手続きをすれば費用は抑えられます。
また、この費用のカットの交渉をしても、それなりに人経費のかかる手続きですので、サービスはあまり期待はできません。

下取車手続代行費用や下取車査定料を確実にカットする方法

下取車手続代行費用や下取車査定料を確実にカットするには、車を下取りに出さなければ良いだけです。
この下取り関連の費用に、10,000円〜25,000円も払うくらいなら、下取りではなく買取に変更するという選択肢もアリだと思います。

 

例えば、下取り査定が10万円で、買取査定が同じ10万円でも、買取査定なら下取り関連の費用を引かれませんから、その分で得をします。
また、下取り査定と買取査定が同額になるのは稀なことで、一般的に買取店の方が高い査定額を提示してくれることが多いです。
上記の例の車で、買取査定が13万円になったとしたら、差額は5万円を超える可能性もあるのと言う事ですよね。

また、査定価格が数十万円から数百万円になる車なら、買取と下取りの差額はもっと大きくなる可能性が高まります。
よく、複数の買取店を比較したら、差額が50万円もあったなんて話がありますが、大げさな話ではなく本当にありえる数字なのです。

 

 

当サイトでは下取車手続代行費用の情報を扱っていますので、既に下取り査定を受けた人が多いと思います。
そして、車の契約まであまり時間が無いという方も多いかもしれませんね。

 

でもご安心ください。

 

車の買取業者は、どこも迅速に対応してくれますので、インターネットから申し込むだけで、おおよその査定額まで簡単に教えてくれます。
また実際に査定が必要な場合でも、自宅や会社に訪問してくれる、出張無料査定が基本ですので手間も時間もかかりません。

 

 

下取車手続代行費用や下取車査定料が無駄だなと思われるようでしたら、試す価値は十分にあると思います。
車を下取りに出してしまった後に後悔をしても仕方ありませんからね。

 

かんたん車査定ガイド

エイチームが運営する一括査定申し込みサイトです。
最近ではテレビコマーシャル(一部地域)などを流しているので、徐々に認知度も高まってきているようです。

 

このサービスの魅力は、何と言っても入力が簡単なことです。
公式サイトに32秒で入力完了と書いている通り、面倒な入力項目は一切省かれています。

 

また、申し込み後すぐに概算価格をお知らせしてくれるので、自分の車の価値を簡単に知る事が出来ます。
下取り査定額が高いのか安いのか判断が難しい時は、この概算価格を参考にする事も可能です。

 

ズバット車買取比較

ウェブクルーが運営する一括査定申し込みサイトです。
車買取のほかにも、引越し、保険ローンなど複数のサービスを展開している企業ですので、インターネットで比較サービスを利用した事がある方なら、知らない間に一度は目にした事がある企業だと思います。

 

ズバット車買取比較では、提携する150社以上の買取業者の中から、地域や車種などの入力条件にマッチした業者に最大で10社まで申し込みが可能です。
また、当サイトで紹介しているページは、通常の申し込みページよりも入力項目が少なく簡単に申し込みが可能ですので、是非チェックされてみて下さい。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

中古車情報サイトのカーセンサー.netにある車査定サービスです。
一般的な他の申し込みサイトと異なり、カーセンサーに出店している中古車販売店も査定に参加しています。
ですので、買取業者が少ない地方や、輸入車や改造車などマニアックな車にも強い感じの印象です。

 

また、運営元がリクルートと言う安心感もありますし、査定会社も大手や地元密着の企業の中から、好きな業者だけを自分で選べるというメリットもあります。
郵便番号を入力するだけで、査定可能な業者の一覧が表示されますので、まずは確認されてみると良いでしょう。